N. T. 2016年度入社(中途)

事業本部所属
チームリーダー / USCPA

人との関わりが私を変えてくれた。

経理業務を通して人の役に立ちたい

事業会社での経理職を経て、RAH(令和アカウンティング・ホールディングス)に転職しました。事業会社では、営業や生産部署、各部署一つひとつの取引の積み上がりにより全社の財務諸表がつくられていき、さらにできあがった財務諸表から経理課で分析していく様が興味深く、また各部署と関わるため、質問や相談に回答することで感謝されることにやりがいを感じました。このような体験から、経理業務を通して、より一層人の役に立てるよう、会計税務を掘り下げていきたいと思い転職を決意しました。RAHではそういった思いを実現できるのはもちろんのこと、女性が活き活きと働いている様子に魅力を感じたことが入社の決め手となりました。

クライアントと信頼関係を
築けることが仕事の喜び

現在、大手不動産会社グループの連結決算業務や日々の会計業務、マニュアル作成まで、幅広く担当しています。経理のアウトソーシングというと、機械的で受け身の仕事というイメージをもたれるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。会計処理を検討する際には、まずはクライアントの話を聞いて、事業を理解することから始まります。担当クライアントでは日々新しい事業が生まれているので、担当の方と一緒に悩み、話し合いながら手探りで進めていきます。その際には、仕事柄正確性が大切なのはもちろんですが、相手に興味をもち、相手の立場で物事を考えられるかどうかが重要だと考えています。
そう思わせてくれたきっかけの一つに、尊敬するクライアントの担当者との出会いがあります。その方は、長年経理業務に携わり、会計税務に対して深い知識をもっている方でした。当時私は、引継ぎを受けた業務の手順について理解不足だったり、ミスをしてしまったりと、その方にたくさんご迷惑をかけましたが、それでもいつも丁寧に接していただきました。私はその方の仕事に対する熱心な姿勢や知識の深さ、明るい人柄を尊敬し、迷惑をかけた分、どうにかしてその方の役に立ちたい、喜んでもらいたいと思うようになりました。そして、ただ数字を追うだけや、形式的に業務をこなすことに終始するのではなく、クライアントの業務をよく理解し、相手の立場で物事を考えることが重要なのだと考えるようになりました。そのような方に出会えたことは、私の人生における財産だと思っています。クライアント先にも関わらず、本当の後輩のように接してくれ、繁忙期には遅くまで2人で仕事をしながらいろいろなお話をしたことはよい思い出です。またこの出会いから、クライアントと信頼関係を築くことが、仕事の喜びにつながるのだと強く感じました。そしてクライアントに興味をもち、好きになること、それが相手に確実に伝わることで、よい信頼関係が築けるのだと思いました。

自分以上に自分のことを
信じてくれる上司の存在

入社して良かったと思えることの一つに、自分の可能性を信じてくれる上司の下で働けたことがあります。その上司は、入社してすぐの私を連結決算業務に携わらせてくれたり、今までやったことのない業務に挑戦させてくれたり、これまでに多くのチャンスを与えてくれました。この上司に背中を押してもらって合格できたのがUSCPA(米国公認会計士)です。クライアントの海外事業に興味を持ち、少しでも業務に携われれば、という思いから資格取得について上司に相談したところ、「絶対に合格できるから挑戦したほうがよい」と、私を力強く後押ししてくれたのです。入社前には自分がまさかUSCPAに合格するなんて想像もしませんでした。もともと日商簿記2級のみの会計資格で入社しましたが、USCPAの勉強を通じて、ビジネス全体における広い視野を養うことができました。会社内に上司のような、こんなにも親身になって自分以上に自分のことを信じてくれる人がいることは、日々の励みになります。私は同時期にチームリーダーに昇格し管理職になったので、今度は私が後輩につなげていく番だと思いました。

就職活動中の皆さんへ

RAHに入社して以来、入社する前には想像もつかなかった経験ができていると思っています。自分がやりたいと思う業務に、こんなにも柔軟にチャレンジできるとも思っていなかったですし、クライアントとこんなに近く、膝を突き合わせて業務に携われるとも思っていませんでした。でもそれは私が何か特別なことをしたわけではなく、ここで働く人が日ごろから経験していることです。ぜひ一人でも多くの方が興味をもってくださり、一緒に働けることを楽しみにしています。