CULTURE 働き方

タイムマネジメント

ロー残業DAY
チーム毎に毎月3日18:30までに完全退社をする日を設定しています。
閑散期チャレンジ
働き方改革に基づく目標を各自選択し達成できるよう管理しています。
早朝残業
朝型に切り替えることによる仕事効率の向上や健康促進・維持を目的とし、17:00以降の残業より7:00‐9:00の時間帯の時間外勤務を推奨しています。

ライフサポート

出産

出産ガイダンス
出産を控えたメンバーに、出産・育児に関わる社会保険の基礎知識を紹介するほか、安心して復職できるよう、育児中の先輩メンバーから、育児と仕事の上手な両立方法について情報提供する機会を設けています。
産前産後休暇
法律に準じ、産前6週間(多胎妊娠の場合14週間)~産後8週間休暇が取得できます。
育児休業
子どもが1歳に達するまで(法律に準拠する理由がある場合は、最大2歳になるまで)育児休業の取得が可能です。これまで育児休業を取得した90%以上のメンバーが復職しています。
看護休暇
小学校就学の始期に達するまでの子を育てるメンバーは、子ども1人の場合は年に5日、2人以上の場合は年に10日、年次有給休暇とは別に休暇を取得することができます。
ベビーシッター育児支援
ベビーシッターの利用割引券を交付しています。
時短勤務
メンバーが必要と申請した場合は、子どもが原則3歳に達するまで1時間短縮した9:45~16:30(就労時間5時間45分)の勤務ができます。
残業免除
メンバーが必要と申請した場合は、子どもが3歳に達するまで所定時間以外の勤務を免除しています。

介護

介護休暇
介護が必要な家族のケアをするメンバーは、当該家族1人の場合は年に5日、2人以上の場合は年に10日、年次有給休暇とは別に休暇を取得することができます。
時短勤務
メンバーが必要と申請した場合に、1時間短縮した9:45~16:30(就労時間5時間45分)の勤務ができます。
残業免除
メンバーが必要と申請した場合に、1回につき最大1年間、所定時間以外の勤務を免除することが可能です。

その他

慶弔休暇
メンバー本人が結婚したとき、年次有給休暇とは別に5日の休暇を取得することができます。
時間単位有給休暇
年最大3日間分の有給休暇を1時間単位で取得することができます。
パッケージ型
福利厚生サービス利用
メンバー一人ひとりのライフスタイルに合わせて、幅広いジャンルのサービスを会員特典で利用できるサポートメニューを用意しています。